気になる佇まい7

タテの櫛引仕上げ かなり珍しい。しかも5階建て
アップです。
KIMG1666.jpg

櫛引仕上げ。引いてみての写真。2階建ての住宅でやってみたかったけど
横に比べて随分施工しづらそうなので世の中にはあまりなかったと思います。
岡本太郎の展覧会で入口の壁で使ってたのを見ましたが、実際住宅では
初めてみました。もう少し凹凸があってもよかったかもしれませんが。
KIMG1664.jpg

二つ並んでちょっといい感じの3階建て
KIMG1656.jpg
KIMG1670.jpg
この上は珍しい亜鉛鉄板波板を横にこれだけ長く使ってるのはみたことない。
タテにはよく使ってるけど。なんせ安い材料なので倉庫や家の見えない側なんかに
良く使われてきたと思います。昔は。でもこんなけ見える面に広い面積はやっぱり大胆ですな。

この下はおそらく茅葺屋根の上から亜鉛鉄板を葺いたよくある一例だと思います。
KIMG1671.jpg



この門構えは年季入ってますが経年変化に耐えうるデザインだったんだなと感じました。
KIMG1635.jpg


RC打ち放しの外部の質感はいいなと思うが内部ではちょっと人間には
きつい環境かな。暑くて冷たいからね。でも緑が多いのでバランスとってそうです。
KIMG1634.jpg
スポンサーサイト

COMMENT 0