気になるビル2

KIMG1572.jpg
ビルやマンションは大きく高く、街並みを印象付ける役割は大きい、
特に地上に面した1階の役割は大きいのでなるだけ街ゆく人にも
潤いの感じられる何らかの工夫が欲しいものである。

そう思うと最近のマンションの傾向として結構道路に面して緑を多くするように
なってきているように思う。行政の指導や地区計画などで緑化率などが存在し、
敷地に対して何パーセントを緑化しなさいということでこれでもかとジャングル
のようになっているマンションも見受けられるが昔はそんなことなかったので
あっさりとしたもんで緑0もある。

上の写真のマンションは緑はないがバルコニーが印象的で気になったので
載せてみました。全て斜めにして一戸づつジグザグにつなげてます。
施工手間はかかるでしょうね。機能的な面で有益なことがあってのうえでのことなら
意味があっていいデザインだなと感じます。

この下のは3階建ての住宅でファサードが印象的な大谷石を全面に使っています。
フランクロイドライトを意識してのことと思います。構造はちょっとわかりにくい。
カチッときれいに納まってますね。塀の部分はかなり汚れ黒ずみ、コケが
みてとれますが建物躯体じゃないので高圧洗浄で少々石が痛んでもよければ
綺麗になりそうですが、このままでも風雪に耐えた長い年月が感じられて
よさそうでもあります。
KIMG1559.jpg

これは窓周りと落下防止手すりのデザインが面白い集合住宅
KIMG1578.jpg

こちらはコンクリートの綺麗な渦巻き階段と斜めの大壁とその壁一面のサッシ群がリズミカルで
躍動感あふれてます。
KIMG1575.jpg

これはバルコニーの手すり壁にアーチや円そのものを使った集合住宅でなんだか
俵状のおにぎり製造器を思い出しました。10個くらいいっぺんにできるやつ。
昔はチャレンジャーですね。今は無難なものであふれてます。
KIMG1569.jpg

これは珍しい街中でこれだけ大きな建物で板張り仕上げ、と2階はガルバリウムの菱形張り、
ガメラの背中を思い出しました。(ひろしです。そういえばみかけんなー。おもろいのに。)
KIMG1579.jpg

文化芸術会館、道路側低めで水平ラインがのびやかに際立ってます。
人間的なスケール感があり、色合いも含めて親しみやすそうです。
KIMG1576.jpg





スポンサーサイト

COMMENT 0