神戸港開港150周年

神戸港開港150周年記念行事が色々行われていて
そのうちの一つでアート鑑賞イベントに行ってきました。
なんと初めて神戸港で遊覧船ベイクルーズに乗って
45分の回遊です。料金は大人1100円、中学生1000円、あまりかわらんね。

黒い海鳥
DSCN0075.jpg

大きなすきま、幅約60m奥行約280m。
造船所、をこんなふうに海から見るのは初めてですが巨大すぎて
スケール感が狂いますね。川崎重工と三菱重工業のこの2つのみが
潜水艦の修理、建造を行うそうです。その他、豪華客船やコンテナ船も
作ってきたそうです。潜水艦は長さ約70m幅約10mくらいなので
これほど大きなドッグはいらなさそうですが、機密事項なのでどこかに隠れて
修理するのでしょうか?
DSCN0096.jpg
潜水艦がいました。実際見るのは初めてでなんだか、不気味な色合い、形ですね。
クジラのようでもあるし、全く黒い鉄の塊なので沈んでるのが似合うやろな。
海の上に浮いてるのが不思議な違和感がある。
日本には現在20隻くらいあるようです。動力は全てディーゼル+電気だそうです。
DSCN0083.jpg

神戸のランドマークタワー:ポートタワー
神戸のウォーターフロントの中心部、中突堤に優美に佇む「神戸ポートタワー」は
和楽器の 鼓を長くしたような双曲面構造の美しい外観と独特のパイプ構造を持ち、
その優美さから「鉄塔の美女」と呼ばれ、昼はそびえ立つ「赤」のアクセント、
夜は7040個のLED照明による多彩なイルミネーションのライトアップで港街「神戸」を彩ります。
~鉄塔の美女と言われてたんか、知りませんでした。~
第15回日本建築学会賞(1963年)、 建築業協会優良建築賞(BCS賞)、照明学会照明普及会賞、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築(2003年)など、多くの受賞歴があり、2014年12月には国の登録有形文化財にも登録されています。全高は108m。高さは通天閣100mと一緒くらい。今となっては低い部類ですが、形は優雅です。
DSCN0078.jpg

港都KOBE芸術祭
新宮晋作 ウインドキャラバン
DSCN0189.jpg
風で動く作品を多く制作されてるそうで三田に風のミュージアムが2014年にオープン
DSCN0190.jpg

古巻和芳 九つの詩片~海から神戸を見る
DSCN0118.jpg

ダンスボックス

新長田を活動拠点に<人×地域×劇場×表現>が
溶け合う新しい社会の形成を目指す人たちの
突然の船上でのダンス。これが一番インパクトありました。
やはり人間は人間に一番刺激を受けますね。

神戸大橋の下をくぐります。
DSCN0130.jpg

小曽根 環  shakkei(借景) 木目が持つ揺らぎのリズムをテーマに制作を続けて38年。
これはアクリルに白いインクで木目を描いて透けて見える景色をテクスチャーとして
取り込むshakkei(借景)シリーズ
DSCN0179 - コピー
船からではあっという間に遠くで過ぎ去りよくわかりませんでした。
近くに行ってみることをおすすめします。

井上廣子+井上凱彦建築計画事務所   風の回廊
DSCN0181 - コピー
これはコンテナの真四角部分に大きな写真、
子供の笑顔を張り付けたものを建物のように配置、
組み上げてました。このまま建物で使えそうですが、
あっという間に通り過ぎるのでその全貌を映し損ねました。

DSCN0152 - コピー
人がたくさんいるようですがどうやら人型の錆びた鉄板?と鳥の糞が目立ってます。

西野庫造 風になるとき2017
DSCN0154 - コピー
なんとなくジブリアニメかスパイダーマン2の悪人、ドック、オクを思い出します。

































スポンサーサイト

COMMENT 0