タイル張りの家

KIMG1025.jpg

KIMG1024.jpg

タイル張りの家でいいと思ったことはないとちょっと前に書いたけども
今日は結構ええんとちゃうの。と思った家がありました。

かなり小さめのタイル、細長のボーダータイル20×150くらいか、
いつものようにすぐに通り過ぎるのだが、もう一遍Uターンして
みてみました。やはりタイルにはテカるという印象があって、
それで光を反射して、いいイメージがないんやけども
特に子供のころは茶色系統のピカピカしたタイル(2丁掛け)
をようみたもんです。悪く言えば、ゴキブリのイメージ。
今は、新たにあれを使う人はおらんね。というか、
作ってないかなー。もう。何故、あれを好んで作ったのか、
使ったのか?よくわからんです。
今日のこの家のタイルは細かい凹凸のある、しかも1個づつが小さくて、
光を吸収するタイプので色は、濃いグレーブルーといった風合い。
市販してるのでしょうか?もしかして特注か?
いずれにせよ、タイル使うならこういうふうにしたいなと思える外壁でした。
また一段奥まった白い1階の壁が効いてるよね。
重い2階が宙に浮いたようで、いいバランスだと思います。
窓も少なめでTHE 壁ですね。

またまた、こういうタイルの家を探しに、いやなんでも探しに明日も
ふらつきます。































スポンサーサイト

COMMENT 0