火の見櫓

653.jpg

652.jpg

これはもう街のオブジェやね。
何といってもこの細いシルエットがたまりません。
構造が弱っ!って感じ。

でも多分半世紀ほどの歴史を
感じるんやけど。
どうかな。

調べると、火の見櫓マップみたいなものは無く、
市の所有っぽいのだが
よくわからんです。

今では、そう使うこともない。
なんせ現代はいろんな
科学的な火事発見、お知らせ装置や
組織があるからね。

しかし、生き残ってるので
登ってみたいけど
OKかな。

あかんやろね。
登って見下ろしてみたいね。
江戸時代には役にたってたみたいやけど。

今はその造形美に
感心します。
これからも追跡します。

こうご期待。
って誰も興味ないって、?
そやろね。

















関連記事

スポンサーリンク

COMMENT 0