鯛をさばき、食す。

KIMG4690.jpg
いや~、初めて鯛を、(というより魚自体初めて)
3枚におろしてみました。

インターネットの動画で勉強しながら
やってみましたが、
包丁の切れ味の悪いことこの上なく
苦労しました。でも楽しめましたけどね。

鱗取りはなんかで聞いたペットボトルの蓋で
やってみたら結構うまくいけました。
大きな袋に鯛を入れて
その中でバリバリと。

結構固いし、ヒレが1回指にささって
痛かったので要注意。
ヒレはハサミでちょん切り。

大きな袋に入れても反発力が強いせいで
飛び出て、1m先の床で後ほど鱗発見しました。
なんだか「泳げたい焼き君♪」を思い出しました。
せめて、鱗だけでも逃げ出したのさ~。

なんやかやで終わったのは午前1時ころ。

道具が悪いのか、やり方が悪いのか
経験がないのでさっぱりわからんまま
動画の記憶をたどりながらすすめましたが
固い骨が残ってしまってて、
これは失敗部分でしょうね。きっと。

一番苦労したのは皮はぎ。
全工程1時間ちょっとかかってたようですが
そのうち半分くらいは皮をはいでたような気がします。
結果、程よく身付きのものが2枚とれました。

途中、鮮度がおちる~と気になり始め
焦り、効率悪くなり、魚を持つ手が滑るし
匂いが他の物に触れたら移ったらあかんと
気にするし、で
ややこしい時間を夜中に過ごしましたが
なんとかおいしくいただけました。

今度は切れ味のよい包丁で
やってみたいですね。

慣れた人ならこの包丁でも
すいすいとやれるのでしょうか?
途中2回も研いだけど
あまり変わらなかったので。

研ぎ器も変えたほうがいいかもね。
頻度は少ないけど
7~8年は使ってるかも。

まあ、次回機会があれば、
ちょっとはましにできるかも。

スポンサーリンク

COMMENT 0