FC2ブログ

気になる佇まい9

珍しい外壁仕上げの家を見つけました。
神社・仏閣でたまに見かける檜皮葺というのがあって
ヒノキの樹皮を1枚A3くらいの大きさにしたものを
1~2センチずらして順に重ねていくことで屋根を
しあげるのですが(有名なのでは出雲大社がそうです)

これが普通の家の外壁に使ってたのでびっくりです。
その下地はなんなんでしょうか?
気になりますね。

しかし、一見するとあまり重ねしろがなさそうで
防水は大丈夫なんかいと思うが
みたところ年季入ってそうやし
調子ええんやろうね。
KIMG3485.jpg

KIMG3487.jpg

KIMG3486.jpg
いつも思うけど
小さいものの集積する様子は美しいなと。

これは一枚づつが大きめでA3用紙くらい
ありそうやけど神社での檜皮葺の屋根の仕上がりを見ると
2センチくらいの横線がずーーっと20メートルくらい続いて
それが斜め上方向に屋根勾配に沿って
積み重ねられて行ってるさまは圧巻で
優雅で分厚く力強い。

柔軟さも感じ取れるし、素晴らしい仕上げです。
耐久性は瓦とは比べ物にならないくらい短くて
40年くらいらしい。

このように外壁で使ってるのは
思い出してもでてきませんね。
都会ではかなりこの燃える素材の
外壁は(しかもほぼ全面)珍しい。

そのほか気になる佇まいを10軒ほど
一挙に
KIMG2958.jpg
KIMG2865.jpg
KIMG2956.jpg
KIMG2952.jpg
KIMG2950.jpg
KIMG2861.jpg
KIMG2836.jpg
KIMG2844.jpg
KIMG3509.jpg
KIMG3506.jpg
KIMG3493.jpg


スポンサーサイト

COMMENT 0