2018年01月

2018/01/31

満月にタモリが!?

今日は皆既月食がみられるそうで。ちょっと赤めの満月をみてみるとサングラスをかけたタモリがいるようにみえました。さあこれから月食ショーを楽しみにめっちゃ寒い中なんとかうっすらと撮ってみたけどどうも最後がどこなのかよくわからんカメラと三脚の性能上限界でした。20:54かけ始めましたね20:5821:0021:0221:4421:44うっすらと満月の輪郭がみえてるけど端っこだけ光ってました。21:4821:4921:4921:53もう光ってる...

2018/01/31

凄い古い木造校舎みつけました。旧新田小学校校舎

凄いもん見つけたと思って外から看板を見ながら写真を撮ってたら門にどなたかがやってきて通行人の方かと思い、退こうかなと思うと門を開けようとしてたのでえっ!中に入るの?この人!?と思いちょっとみると中入ってみますか?と、声をかけてくれて、えーっ?入っていいんですか?と聞くとどうぞと、すぐにいれてくれました。日頃はとじたままやけどたまたま小学生児童が見学にくるので開けに来ましたとのこと。どうやら市のこの...

2018/01/29

面白いものがいろいろ出てくる岡町商店街

いろんなものがでてくる岡町商店街この鉄腕アトムの本屋も気になってたんですがやはり毎日出し入れしてるようで今日も道路にあふれ出さしてました。許されてるようです。(謎?)2階の手塚治虫資料館をみたいというとまだ階段がふさがってて上がれないので2時ころに来てとのこと。なんとも緩い時間が流れてていい感じ。裏は原田神社でまわってみると2階の様子が見えました。2階の様子窓越しに段ボール山積みでいっぱいなのがわ...

2018/01/28

手塚治虫資料館  岡町の商店街~曽根星岡茶寮跡

寒い日が続きますが今日もぶらついてきました。岡町の商店街。レトロな本屋。今日は休みではなく12時から店を開店したようで店主が店の奥からいろんな古本以外の古いもの(売り物にみえない?)を表の道路に並べ始めてました。やはり毎日道路にはみ出しては片づけ、と繰り返しているようです。30分以上かかってるのではないでしょうか。この店の2階にどうやら手塚治虫資料館なるものがあるようなのですが奥から延々と商品を出...

2018/01/28

かなり特色ある気になる佇まい18

コンクリート打ち放しと黒褐色の板と枯れ枝蔓の住宅駐車スペースは枕木これはかなり異色の住宅ですね。芸術家でも住んでそうな雰囲気です。芸術家といえばここからそう遠くない豊中市岡町には昨日のブログの山田洋次生家もあるのですがもう一人昭和の大天才漫画家手塚治虫も生誕の地だそうでその私設資料館なるものが商店街にあるそうです。前から気になってた鉄腕アトムの人形を店頭からはみ出して道路に置いてた本屋(本屋に見え...

2018/01/26

「男はつらいよ」「家族はつらいよ」の 山田洋次監督の生家をみてみました

この写真をみて岡町あたりをぶらつけばわかるかなあと期待してたらあっさりと見つかりました。赤瓦がかなり薄く感じますがまさにこの家。山田洋次監督の「男はつらいよ」は好きでビデオはよく見てたのですが初めて映画館で見た時が寅さんの遺作となり最終話となりました。それ以外にも「幸福の黄色いハンカチ」等も好きで山田洋次監督には興味あったのでどんなものかと尋ねてみました。私の父と同じ年1931年生まれだそうでその...

2018/01/25

気になる佇まい17

オブジェ第2号これは折り紙で作ったオブジェをポンと置いたかのような住宅コンクリートで重たい素材やけど軽やかにみえるね。色や形が飛翔感があり住まいにみえにくい。が、ちゃんと物干しバルコニーも庭もあるので充分オープンな家でした。庭の大きさの割には緑が無いに等しくちょっと寂しいけどどんな理由でしょうかね。それで余計にオブジェっぽくなりますね。これは赤い車が前から突っ込んでるところが気になったんですね。あ...

2018/01/23

気になる佇まい16

これはどこかで見た風情ですね。恐らくは前も書いた下の写真の2件の家と同様の雰囲気を感じます。同じ設計事務所ではないかと想像するのですが。共通点はバルコニー側壁が屋根まで木格子の使い方、色丸い穴?窓外壁、窓の色屋根の軒先の構造垂木、母屋などですが屋根の勾配、仕上げ(ガルバリウム?)全体のプロポーション 等いかがなものでしょうか。...

2018/01/21

明石海峡大橋を臨むこんなにいい場所がありました。

神戸に移り住んで6年目明石海峡大橋を渡って淡路にいったりふもとで写真を撮ったりは何度かあるのですがこんなにすいてていい眺めの場所があるなんて。知りませんでした。ふと見つけた垂水区のガイドマップみたいなものに大歳山遺跡のことが載ってたので、これに興味を持って行ってみたら。なんと良い景色か。淡路と瀬戸内海が高い位置から一望できてほぼさえぎるものは ない状態でした。春も桜が咲いてええとこではないかと想像...

2018/01/21

清々しき廃墟?かな

こんなにあっけらかんとした廃墟も珍しい。屋根が全くなく、壁もほぼない。2階らしき床が少し残り壁は土壁の小舞竹が見えたりしてて今にもくずれそうで実はしぶとそう。土間の床には竈がありました。どんな時間が流れてたんでしょうね経験してみたいものです。...

2018/01/20

ツッコミどころ満載の愛すべき建物たち10軒

これはあの有名な建築家東孝光の塔の家を思い出しました。あれは5階建てだったと思いますがこれは3階建てかな。木造かもしれんな。西面塔の家  確か7~8帖はあったと記憶。階段除けば4.5帖くらいあったのでは。おそらくは建築家の自邸としては日本一有名なのではないでしょうか。40年間も住み続けたことにも驚嘆します。生き様を感じますね。ところでこの建物ですがどうやら空き家のようです。3階部分に非常用侵入口が見...

2018/01/19

大阪のデザイン注目住宅100選#10

今年最初のデザイン注目住宅ちょっと蛍池方面へ足を延ばしぶらついてるとありましたね~。びしっとスクエアな住宅が。多分木造だと思いますが、屋根はどうなってるんでしょうね。3方向はパラペット立ち上げて片流れでしょうか。それともFRP防水で屋上か?(まあ違うでしょう)素材や仕上げ方を変えながら色は同系統でうまいこと作ってますね~。アプローチの門扉もかっこいいいね。グレー塗装の板張りです。...

2018/01/17

エレファントカシマシ

なんととびっくりあのエレファントカシマシが今年も突っ走ってます。3月17日のツアーファイナルライブの次の日にこんなすごいバンドと一緒にライブやります。めっちゃ、楽しみ。見に行けませんが。...

2018/01/16

奥内陶芸美術館ってしってます?誰も知らないレトロ感満載の街角の美術館を訪ねてみました。

何やら住宅ではなさそうなものがあるなと思ってみてると陶芸美術館だそうでもう50年近くもこの地で続いてきたそうです。なんとも素人感のある面構えの美術館中身はどんなものかと300円の入場料を払って入ってみました。入るときはインターホンを鳴らし、係の人が出てきてくれてそれから入りました。たった一人で貸し切りでした。しきりに空調してなくて寒くてすみませんね。といってもらいましたがさほど寒くもなかったです。スリ...

2018/01/14

軒先の鼻隠しがものすごい家を見つけました。

何回か通り過ぎて見てたことがあった住宅ですが今日改めてなんだかすごい家やなあと再発見しました。2回の黒い外壁仕上げが何かよくわからんのですが黒漆喰でしょうか?窓回りも丁寧に滑ってある感じで鼻隠し部分は3段になってます。大工さんの下地のあとで左官の出番なのでしょうかトータルのデザインとして好きとは言えませんが重厚な丁寧ないえづくりが感じられて風情が感じられます。人間の手跡が残っている命あるもの。のよ...

2018/01/14

祠の左右非対称屋根

今日は街角の小さな祠を見つけたので見てると屋根の左右の軒の出が違っているので、そういえばこんな屋根もあったなあと理由はわからずまたちょっと先へ進むと神社があってそこの建物も2つも左右非対称の屋根をもつものがあったので撮ってみました。調べたけど意味合いはよくわからぬままです。そのかわり男神、女神の違いがあることがこの年になって初めて知りました。千木と鰹木というのが神社の屋根には今となっては装飾的な意...

2018/01/13

育ちすぎ、の「かいづかいぶき」10m

このかいづかいぶき大きすぎませんかよく見かけるのは2~3mくらいの生垣やけどこれは2階建て超えて7~8あるね。まあ剪定せずほったらかしだとこんなになるんやな。あらあらしく元気に育ってるのでちょっと気になりました。芸術は爆発だ!!(岡本太郎)を思い出します。そういえば岡本太郎没後22年もたちました。もう知らない人も随分増えてきたと思いますが大阪には太郎の一番大きな作品「太陽の塔」を見る機会があるのでラ...

2018/01/10

神戸市埋蔵文化財センター

神戸市西区の埋蔵文化財センターに行ってみました。なかなか行く機会がなかったのですが行ってみると、結構無料で1時間ほどうろうろと堪能できるのでした。街の地形の歴史も知れたりして面白いのでお勧めですが駐車場はないので近所のプレンティを利用しました。アカシゾウ明石に大昔、象がいたようです。この地に象が歩いていたとは。縄文式土器だそうですが結構あっさりしてて岡本太郎がぎりぎりと接写してたあの迫力があまりあ...

2018/01/10

気になる佇まい15

...

2018/01/09

気になる佇まい14

ツインハウスですね。微妙にちょっと違うところがいい塩梅ですね。安藤忠雄設計の明石近くの海岸沿いの家を思い出しました。木造とRCのツインタワー残念ながら木造のほうは10年で解体されたそうで。何という資源、お金の無駄使いか。下の写真が2つ並んでた時のもの。海側は姿かたちがそっくりですが道路側はちょっと違ってたようでその辺は似てますね。...