2017年09月

2017/09/29

タイル張りの家

タイル張りの家でいいと思ったことはないとちょっと前に書いたけども今日は結構ええんとちゃうの。と思った家がありました。かなり小さめのタイル、細長のボーダータイル20×150くらいか、いつものようにすぐに通り過ぎるのだが、もう一遍Uターンしてみてみました。やはりタイルにはテカるという印象があって、それで光を反射して、いいイメージがないんやけども特に子供のころは茶色系統のピカピカしたタイル(2丁掛け)をよう...

2017/09/28

吉田拓郎

吉田拓郎という人を知ったのは、もう45年ほど前のことです。結婚しようよが流行って、旅の宿も大ヒットしてというころ拓郎はデビューからいきなり売れ出したイメージですが当初、それほど爆発的ではなかったと記憶してます。やはり、最初の世間一般に知れ渡ったのは、「結婚しようよ」ではないかと小学生の頃の僕は思うわけです。その頃は、歌謡曲全盛時代で、布施明、尾崎紀世彦、和田アキ子沢田研二もタイガースでGSも重なっ...

2017/09/27

気になる塀5

気になるブドウハート型でした。では気になる塀今日は新興住宅地をふらついてみました。やはり、大阪の北摂とはかなり様子が違います。始めから、街の計画がきっちりなされているし、おおよそ平坦な土地(開発で、山を切り開いた)なのでほぼ整然としていて、(かといって碁盤の目のようではないのだが)家も外構もあるかたまりで同じハウスメーカーが50件から100件くらいまとめて請け負って建ててるようなので上手にまとまっ...

2017/09/27

箱木千年住宅

こんなところに一般民衆の住宅でしかも自分で管理して展示してくれている1000年住宅がありました。全く人知れず佇んでます。箱木千年住宅です。年季入りまくりの縁側の床板張り、多分檜かな。わかりませんが。迫力の土壁陰翳礼讃を感じる土壁分厚い藁ぶき屋根。美しいです。低い軒先と雨落ち。落ち着きますね。この低さ。低すぎるやろ。とも思うが、いい感じ。新鮮です。三和土 たたき軒先アップ。ワラ以外の植物と共生してま...

2017/09/26

気になる塀4

まさに木になる塀!今年上半期お騒がせの某Kさんの塀。色々気になります。どうしてるんでしょうか?あの人は。...

2017/09/25

街のオブジェ

街をふらついてると今日もいろんなオブジェに会いました。公共施設にはたいてい、アートがそこかしこにおいてて、それらしく、展示されておるのですがやはりそうでない一般民衆の街への気遣いみたいなものが感じられるのが家の周りの植栽や花、または、たまにアートがあります。塀に絵を描くというのもたまにあるけどなかなか難しいよね。やりなれない人では。それでもやってみたのがこれ。うーん。市井の人々、楽しんでるね。芸術...

2017/09/24

気になる塀3

これは古墳を取り囲む埴輪です。塀ではないのですが墓を取り囲んで守ってるようなので塀の仲間として。以上気になる塀シリーズでした。...

2017/09/23

神社

同じような形の対比です。鳥居が何個も並んでるのはたまにみかけます。ここは原田神社。その下の写真は阪急電車の高架下の列柱。形と連なりが似てたので比べてみましたがかなり、鳥居のほうが優しげでよろしいですな。まあかたや電車のせてる構造物なので頑丈さが第一で美しさは二の次です。しかし、構造物、建築物でも美しい物を作る建築家がいました。サンティアゴカラトラバです。このオキュラス(Oculus)は、9.11メモリアルに...

2017/09/22

街中の気になる物たち

昔の庄屋の作りで平入りの街道沿いの家。増築か何かよくわかりませんが屋根や外壁が左右できっぱりと違います。キリスト教会と思われますが、詳しくはわかりません。でも建物のフォルムはいいと思います。およそ、神社、お寺は水平ラインを強調した横に長い形をしてますが教会は上へ伸びてゆきますね。人間の背の高さにも由来してるんでしょうか?西欧と東欧の風土の違いでしょうか?古墳の周りを取り囲む土器の行列。これは出土し...

2017/09/20

道端に銘木が!

樹齢200年の奈良吉野の地松だそうです。こんなに異形なるものに育つなんて面白いですね、渋い色出してますね。こぶもようけあって太い。これはアナゴの老舗「下村明石本店」の以前は神戸北野のアンテナショップで内装に使ってたそうでそこをやめたときにこちらに外装材としてまた使ったそうです。いやー、存在感あるねー。すーっと通り過ぎたときに視界に入り、、もどってきてしまいました。後ろに見える壁の石はカナダ産だそう...

2017/09/20

気になる塀2

今日も自転車で街探索気になる塀を集めてみました。いいなと思うものや。変わってるなと思うもの。びっくりするもの。色々ありますがやはり風雪に耐えて年月を経て古美てきた味わい深い質感を持つものといえば木と土やな。鉄もええけどそのままで自然界に存在せんもなんな。そんなものたちをちょっとの時間でも見つけました。見てください。...

2017/09/18

標識

 こないだ倒れてた標識が治ってました。誰やっ!直したんは?まあ警察か、市役所の人か(^∇^)ノわりとまめに管理してるんやね。ちょっと感心しました。しかし、道路に書いてる白い文字あれは、なんとかせえ。よ。紛らわしいこと書くんやったら素直に「止まれ」と書け。そんなとこで見張ってる暇あったら書き直せ。と思う表記がありました。それがこれ。赤信号の点滅が停止して注意してから進め。という意味らしくそんな文字に気を取...

2017/09/17

茅葺屋根

見よ、この存在感。見つけました。都市部に残された茅葺屋根、土壁どうやら家ではなく長屋門のようなかんじでもあるが。しかしこの大阪府下の40万人都市のほんまに市街地で珍しい。僕の住んでる街には隣町にはちらほらあるけどね。こんな街中で見たのは初めてやなー。びっくりしました。やっぱり本物の質感はすばらしい。それとフォルムが美しい。黄金比に近い。現代の薄っぺらの巷にあふれる住宅も見習いたいな。もしかしたら昔の...

2017/09/16

塀は圧倒的に多いのはブロックやろなー。でも、風通しも考慮してアルミの縦格子横格子、ルーバー、ラチス等もよくみかけます。昔はやはり、この写真のように板か土ですよね。特にこの土の圧倒的な存在感には感じ入ります。造形物としてなんとも言えない魅力を感じます。陶芸も土やけどこれも土で動かせないものなのでなかなか誰もが見るわけにもいきませんがこれの博覧会でもあれば楽しそう。神社やお寺等にはまだ多く残ってるけど...

2017/09/15

火の見櫓

これはもう街のオブジェやね。何といってもこの細いシルエットがたまりません。構造が弱っ!って感じ。でも多分半世紀ほどの歴史を感じるんやけど。どうかな。調べると、火の見櫓マップみたいなものは無く、市の所有っぽいのだがよくわからんです。今では、そう使うこともない。なんせ現代はいろんな科学的な火事発見、お知らせ装置や組織があるからね。しかし、生き残ってるので登ってみたいけどOKかな。あかんやろね。登って見下...

2017/09/14

トンネル

こんなところに事業計画途中の高架道路が静かに佇んでいます。誰も利用しなさそうなちょっと狭くて静かで用水路付きの70m位のトンネルがあいててぬけると田園地帯だった。まあ、わかってましたが。小説風に。しかし、僕がこの地域近くに引っ越してきてから何も変わってないやん。どうなってんの。この高架道路は。全長12.5kmの神戸西バイパス総事業費1900億円。もうとりかかって30年ほどたつようです。生きてるうちに完成するの...

2017/09/13

ウシ

家から5分も自転車に乗れば田園地帯が広がりこんな乳牛を飼う牛舎もあります。とても港町神戸とは思えない風景にここへ来た当初からなじんでます。相当いい感じ。時折遠くから肥しのかおりが漂う。稲刈りを見れたり、藁ぶき屋根の家があったりホタルがいたり、森や山があったり、色々楽しいのですが訳の分からない地帯もあり、不思議です。忽然と丘の上の野球場がなくなり太陽光発電パネルに埋め尽くされたりしてます。この牛小屋...

2017/09/12

気になる塀

学校の塀ですがなかなか粋な塀ですね。アップがなくてわかりにくいけど桜の花びらの形で大きくくりぬいてるようです。名前に因んでるんでしょうね。施工風景をみてみたいもんです。また、レンガの柱が太すぎていいですね。ようけ色んな穴あきブロック使ってるやん。ーーーんっつ?たったの2種類やん。パッと見は10種類くらいに見えたのに家帰ってから写真を見るとそうでした。縦横斜め(はないが)に使えば多種類にみえるのでした...

2017/09/11

駅の家

いつも電車を待って立っている駅のホーム。ふと前をまじまじと見ると2階建てのお店やん。なんか普通に路面の店舗みたいに上はどうやら喫茶店っぽいがなんやろね。割と珍しいのでは。とネット検索してみたけどうまく調べられません。駅で待ち合わせとか、ここで滞在して時間を使うことはこの先、一生僕にはなさそうですが店は何年も存続してそうな雰囲気なのでニーズがあるんでしょうね。一度覗いてみたいもんですが極力通勤時間を...

2017/09/10

頭上注意

こないだ山登りなどと呑気に書いたガラスの大屋根(ピラミッド)(方形)なのだがてっぺんにどうやら穴が開いているのかも。暗くてよく見えません。たいしたバリケードもなく落ちてくるものによっては相当危ないのだがいかがなものか。カラスの糞ならショックやけど、命に別状はないだろうう。そういえば遠い昔、高校のとき、全く嫌われもんの生徒会長が体育館で鳩の糞を頭に受け、それでも毅然と外へ出て行った。ような気がする。...