日本最古の神社

KIMG9256.jpg

KIMG9202.jpg

残念ながら日本サッカーはベスト8進出ならず結果はベスト16
全試合の結果は1勝1分け2敗となり勝ったのは初戦のみとなりました。

6回連続で出場して初戦に勝ち点を取れば予選リーグ突破となり
初戦の大事さは際立ってるようです。

ゴール数は最多の6得点
乾2、大迫1、本田1、原口1、香川1、
勝ち点4となりました。

得点シーンが多かったし競合相手に
先制点をとったり、同点においついたりと

なかなか楽しめた日本の戦いでした。
印象に残っているのは乾のシュートと
柴崎のパス。昌子の悔しがりようですかな。

またこれでもう、本田、香川、長友、岡崎、長谷部、川島は
代表から遠ざかって世代交代するやろな。

柴崎中心かな。エースストライカー出てこんかなー。
楽しみにまってまっせ。

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

抜群の環境!海沿いの大学施設

海沿いに環境抜群の大学施設が建ってました。

まだできて間もない3年目くらいまでの建物が
何個か建ってて設備やカフェ、庭など
対岸の商業施設ハーバーランドのように
恵まれた環境の中で学生がキャンパスライフを
楽しんでました。

KIMG9140.jpg

KIMG9148.jpg

KIMG9146.jpg

KIMG9136.jpg

KIMG9128.jpg

KIMG9127.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

大阪のデザイン注目住宅#12

すごい家をみつけました。
コンテナを積み上げたようです。多分。

平屋で6つ配置して個室群住居にした例は
見たことがありましたが
3層に積み上げた家は
初めて見ました。

構造的にかなりしんどいのでは。と想像するが
いかがなもんでしょうか。
色もなかなか渋い色してるね。

KIMG9083-1.jpg



KIMG9086-1.jpg

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

明石海峡大橋

感動体験!
世界最長の吊橋明石海峡大橋の塔頂へ!
高さ300m 360°の絶景パノラマ!!


明石海峡大橋ブリッジワールドは橋の建設に携わった
ツアーリーダーが世界最長の橋の建設について、
隠された橋の技術や歴史などを、分かりやすく楽しく説明しながら、
普段立ち入ることが出来ない管理用通路を通り、
海面上約300mの主塔にご案内し360°のパノラマを体験していただく感動の体験ツアーです。

https://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html

方々から明石海峡大橋を臨む場所をいろいろみてきましたが
明石海峡大橋の主塔に登れるツアーもあるようで
早速予約をしようと思いましたが8月いっぱい
満員のようで次の機会にしてみます。

ガラス越しでなく生身で300mなので
結構迫力ありそうで楽しみです。


KIMG8877.jpg

KIMG8887.jpg

KIMG8888.jpg

KIMG8886.jpg




Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

緑花の季節、到来

KIMG8861.jpg

KIMG8856.jpg

KIMG8860.jpg

KIMG8900.jpg

KIMG8853.jpg

なんの花かよくわかりませんが街中や野原でたくさん見かけます。
KIMG8886.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

夜の大歳山遺跡、夜景もよし”

珍しく夜に出かけてみたら
明石海峡大橋が
美しく明かりの花を咲かせていました。

平日は日没から23:00まで。土日祝は日没から24:00まで

KIMG8807.jpg

遺跡が不気味
KIMG8810.jpg
リビングとダイニングが同じ空間に
あたりまえのようにあるようになってから
もう30年以上にもなるのでしょうが

日本の住宅事情をみると
ダイニングテーブルとソファやテレビボード
といった家具がゆったりとくつろげる空間にマッチした形で
存在してるのかというと
あまりそうでもないのです。

10畳くらいのスペースに
なんとか小さめのテーブルと
結局床に座って
背もたれにして使ってるソファー
を並べて大きな液晶画面で近距離で
テレビを見ているといった
風景もしばし見受けられます。

それならば大きな無垢の一枚板をゆったりと
据えてくつろげる大きめの低めの椅子で
食事のあとそのまま長時間過ごすことに
するのもいいものではないでしょうか?

次世代にまで語り継げるほど
存在感のある一枚板のテーブルで
長い家族の歴史を作っていくのも
ええかもね。

そんな一枚板を扱う家具屋さんを
谷町4丁目でみつけました。
お値段も結構するけれど
それにみあう価値はある。

貴重な一品物を自分の目で確かめて
狭い空間をより狭くする無用のものを
捨ててみてもいいかもね。
もったいないので誰かに使ってもらうとか。
いかがでしょうか。


KIMG8730.jpg

KIMG8731.jpg

KIMG8738.jpg

KIMG8740.jpg

KIMG8741.jpg

KIMG8744.jpg

KIMG8743.jpg

KIMG8742.jpg

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

原田城跡羽室家探訪

縁側も廊下も畳が敷いてあり足ざわりよし。
ジャストフィット
板では味わえない「やわかたさ」( ̄∀ ̄)ニヤリ

KIMG8507.jpg


阪急電鉄宝塚線・曽根駅から西に約500メートル程先の住宅街に、
樹木が生い茂るこんな区画がありました。(・┏д┓・)b

約2950㎡の敷地は原田城跡(北城)の主郭の一部に相当し、
戦国時代末期(16世紀末)に廃城となったあとは個人の所有地となっていました。( ̄0  ̄ )

明治43(1910)年、箕面有馬電気軌道(現阪急宝塚線)の開業以来、
軌道沿線に相次いで郊外住宅地が開発されるなか、
城跡付近もまた昭和10(1935)年頃に住宅地として開発・分譲され、
その一角を当時の住友化学工業KKの役員の一人であった
羽室廣一氏が個人の住宅建設のために購入されたものだそうです。( ̄┏д┓ ̄)b

この日は、アコーディオン奏者のライブがあるということで
館の皆さんはてきぱきと準備をすすめておられました。

おかげで一人で広い家の中をぶらぶら何も聞けず
歩き回ってたのでした。

KIMG8499.jpg



玄関が門からすごく遠くて、曲がりくねって庭を通り、裏のほうへ
曲がっていくところでようやく出てきました。

中へ入ると広い田の字プランの畳の間の連続で
深い畳の縁側は夏、昼寝でもしたら気持ちよさそう。(о´∀`о)

KIMG8506.jpg

KIMG8524.jpg

KIMG8523.jpg



びっくり超巨岩のある神社!

高砂市にやってきました。
この町でどこかを見ようとするのは初めてです。
海側には結構大企業のある工業地帯があるようで
煙突がめだってます。

そんななかやってきました。
国道250号線を西へ姫路方面へ向かい
高砂市の消防本部がある近くの陸橋に
生石神社(おうしこじんじゃ)の大きな看板

ここを山側に入っていくとやがて
大きな岩山がみえてきて
細い道をさらに入っていくと
みえてきました神社の鳥居が。

ここにわりと広めの30台くらいは留められそうな
無料駐車場があって空いてるのですぐ留められて
歩いて1分ほど登るとすぐに本殿が見えて
はいるとまた唐突に巨岩が現れるのでした。

これがまたなんともでかい岩で28畳ほどの面積で
あっけなく圧倒されます。

(国の史跡で横6.4m、高さ5.7m、奥行7.2mの巨大な石造物
宮城県鹽竈神社の塩竈鹿児島県霧島神宮の天逆鉾とともに「日本三奇」の一つとされている。
知る人ぞ知るパワースポットで、ご神体は水の上に浮かんでいると言われる重さ500トンの巨大な石造物)

{他の2つの「日本三奇」は見るのにかなりの労力がいりそうですが
ここはなんともかる~く見ることができます。}

どうもその成り立ちをみてると
巨大な岩山を上から切り刻んで彫刻で削り出すかのごとく
大きな大きなほぼ直方体の岩を出現させて
周りを歩けるようにして、さらに足元も削っていって水を張り
一見すると水の上に浮かび上がって存在してるかのように
見せかけているのでした。

500トンもの石が軽やかに浮いてるかの如く。

その様子が下の写真です。

近くの岩山
KIMG8699.jpg

上から見た巨岩
KIMG8665.jpg

巨岩の足元。この辺りを右手で触るとパワーをもらえるそうです。
KIMG8636.jpg


鳥居近くの石碑
KIMG8624.jpg

上から見た巨岩のアップ
KIMG8679.jpg

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

わずかなスペースにも大きな緑を

KIMG8409-2.jpg

気になる佇まい27

豊中の隣町にやってきました。
豊中ほどではなさそうだけれど
いい佇まいの家がすぐみつかりました。
この樹々との一体感がじつに
いい感じです。

家とはこうありたいものだと思います。
広い敷地の立派な庭もいいかもしれないけれど
都会の住宅街の緑はこういうありかたが
いいなと常々思います。

まあ、なるべくならアバウトな粋な風合いに
なってるそんな庭でありたい。

KIMG7828.jpg

KIMG7825.jpg

KIMG7816.jpg

KIMG7814.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

伊勢神宮参りはほぼほぼ森林浴

44年ぶりの伊勢神宮。
大阪の小学校の修学旅行といえば
伊勢神宮と夫婦岩と、海女さんの実演見学?だったような。

泊まったホテルがちょっと変わった名前の「いろは旅館」という
ことを今、ふっと思い出しました。

小学校のクラスの名前が「い」組「ろ」組「は」組という
珍しいタイプだったのでこの旅館の名をみたとき
印象に残ってました。

全く伊勢神宮の景観を忘れてて五十鈴川の川べりに来たことだけはちらっと
思い出したけど他は初めてみたのと一緒でした。

本殿は写真禁止やし、ほぼ見ることもできないのでほぼほぼ森の中を一時間ほど
歩いて森林浴して気持ちよかったなあ。という感じ。

びっくりするよな大木だらけでこの森にきたこと自体が非常に
良かったなと。伊勢神宮参拝とは森林浴なのだ。

DSCN5773.jpg

DSCN5771.jpg

DSCN5767.jpg

DSCN5765.jpg

DSCN5764.jpg

DSCN5757.jpg


桜の饗宴・お向かいさん

お向かいさん同士の桜の大木が
道路の真ん中あたりで饗宴してます。

もう葉桜で、今年は少し早めになったんかなあ。
明日は大阪市内で花見。
KIMG7983.jpg

KIMG7976.jpg

KIMG7977.jpg

KIMG7983.jpg


桜だけではありません。
春はいろんな花や緑が
若若しく美しい
KIMG7973.jpg

KIMG7980.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

気になる佇まい26

すっかり春となりました。
桜も散り始めてます。

もう気になる佇まいも#26となりました。
豊中の人口は40万人、世帯数は15万くらいか、
戸建て住宅は10万くらいなのかな。

まあそのうちの130件くらいは紹介してきました。
やっぱり、気になる佇まいが
見つかる確率は少ないといえそうですが
まだまだいきまっせ。

KIMG7355.jpg

KIMG7637.jpg

KIMG7632.jpg

KIMG7630.jpg

KIMG7774.jpg

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

住宅街に突如現る五色塚古墳

KIMG7935.jpg
明石海峡大橋の方からカーナビを頼りにこの古墳目指していくと
線路沿いの狭い道に誘導され道かどうか迷うところに
来てしまい、不安げに進むと忽然と広々とした空が現れ、
全く樹木のない丸い石を数千個積み重ねた
小山がみえた。

これは千壺古墳とも呼ばれ、
4世紀後半に築かれた兵庫県下最大の前方後円墳。
築造当時の姿に復元され、雄大かつ高度な古代の
土木技術を体感できます。
また、淡路島や明石海峡大橋の眺めは抜群です。

願いが叶うパワースポットとして最近じわじわと
人気が高まっている神戸の「五色塚古墳」。
この古墳は明石海峡大橋を望む高台にあり、
管理事務所で手続きをすれば
古墳に登ることができるのです!
まだあまり知られておらず、
今なら強力なパワーを独り占めできるかも。
KIMG6592.jpg

KIMG6586.jpg

KIMG6585.jpg

KIMG6583.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

道路上の桜のトンネル

フラミンゴ
いやーやっぱり桜でした。去年見つけた木のトンネルは
桜の季節に招待されたように出現しました。
KIMG7687.jpg
道路に満開の花が咲くのはあと3日後くらいかな。
KIMG7691.jpg

春は桜だけとちゃいまっせ。
ユキヤナギも一足早く満開です。
KIMG7684.jpg
KIMG7683.jpg
KIMG7681.jpg





Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

大阪のデザイン注目住宅#11

フラミンゴ

どこかで見たようなデザインにまた出会いました。
これは完全に以前出合った3件のお宅と類似性あり
同じ設計事務所の設計でしょう。

KIMG7408-1.jpg

KIMG7404.jpg

KIMG7406.jpg

シンプルで白い外壁(いまだ材料はわからず)に木格子に丸い穴
バルコニーは袖壁で覆う。
屋根勾配はほぼ1寸。母屋は見せる。
均整の取れたスタイルしてます。
一つの型として確立してますね。

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">



フラミンゴ

KIMG7088.jpg
妻壁に「」の文字のあるのをたまにみかけるのだが
この地域は築年数が50年以上たってるような
いわゆる工業化学製品をあまり使ってない家が
建ち並んでいて蔵も多く、ぶらぶら長居してしまった。

KIMG7031.jpg
この「」の文字は、庶民に制限されていた
懸魚を屋根へかける代わりに、これを
描くことで水の神通力にすがり火災から
建物を守る火伏せのまじないらしいです。

水文字の風習は、社寺建築の多い地域を中心とした関西
圏に比較的多く分布していて、近頃では民家の母屋にも
見られます。
寺院様式の影響を受けて江戸時代末期の頃
に庶民の住環境で発生して、明治の年代になって定着し
たと考えられるそうです。

ちなみに懸魚というのは破風板の下に取り付けられる
装飾を目的に付けられる彫刻を施した板のことです。
ogamigegyo_1.jpg

KIMG7033.jpg

珍しく本物のなまこ壁もありました。
KIMG7044.jpg
この地域は趣のある家が多いようです。
道は細くてかなりうねうねとして坂道も多し。

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">





至る所に蔵がある。
何が入ってるんやろね。
蔵の持ち主になってみたいもんです。

蔵4連発
KIMG7038.jpg


KIMG7050.jpg

KIMG7062.jpg

KIMG7064.jpg

KIMG7065.jpg

KIMG6914.jpg
KIMG6919.jpg
このぱっとみ不気味なものが何かわかりますか?
大根おろしたての姿で、下のような色のついた大根
をおろすと固めで水分少なめなのでおろしがねから
出たまんまの形が維持されててこんなテトラポッド
のような風景になってました。しかもグレープ色で。

KIMG6922.jpg

辛みがきいててあとでほんのり甘くて
なんともおいしい。体がぬくもってくるこの感じが
たまりません。うまいっ!この大根は最高。
これを大根の3分の1ほどパクつくのが実にいいです。
おすすめします。


<スポンサーリンク>




フラミンゴ