気になる佇まい25

設計事務所は関与してないでしょうが
この外壁銅板は見ごたえがあるなーと思いました。
次の家も同系色ですが比べてみても
見劣りしない迫力があります。
サッシは既製品のアルミやのにね。
一つの部材の質感にはやはり魂宿る感あり。
KIMG6157.jpg
銅板なので厚みはないのでしょうが
この家の石張りより分厚さを醸し出しています。
逆にこっちの石張りは石なのに軽やかさを
感じてしまいます。
わざと厚みをなくしてしまったかのような
そんな気がします。
KIMG6161-1.jpg

これはまた色鮮やかさと斬新なフォルム
あまりおみかけしない造形です。
まだ奥のほうへややこしくつながっていそうでした。
赤が渋いね。
KIMG6193-1.jpg

オーソドックスな切妻屋根に
板張りの塀から外壁への連続。
下がどっしりと安定感のあるフォルムが
印象的で、かつ窓が対照的にかろやか。
KIMG6176.jpg

フラミンゴ

廃墟がスッカリなくなってました。

廃墟のどこか美しさを感じてたのですが
すっかりなくなってました。解体撤去されてしまったんですね。
KIMG5127.jpg

跡形もなく。
KIMG6099.jpg

当分ほったヵされている街中の廃屋がありました。
子供のころこういう家が小学校へ行く道中にあって
お化け屋敷と呼んで怖がってたことを思い出しました。
これは処分するにもいろいろ難儀なんでしょうね。
右端のポストだけはやたら大きく新しめで
しっかりしてましたね。何故か?
KIMG6131.jpg
これにも年月を経た重みは感じられますね。

こればかりはどうしようもお金ではつくれないですね。
経年は。伝統や歴史はお金では買えません。
経年変化による美しさは大事にしていきたいものですね。

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

気になる佇まい24

本当に気になる佇まいに多い
この配色、構成
アイボリー系統色に木格子

関東ではあまり見かけなかった気がしますが
大阪の狭いこの地域で
よく見かけます。

KIMG6120.jpg

これは現代的な印象が強いのですが
木造っぽくないが木造だと思います。
かなりシャープな線がでてますね
KIMG6010-1.jpg


これは以前にも登場した家の玄関まわり
これだけでも絵になる。
(たとえ緑のホースでさえも)
KIMG6112.jpg

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ




服部天神に能舞台

昨日に続き今日も服部あたりをぶらついてたら
こんないいものがありましたね。
神社って意外とふと現れるんですね。
知らん街に行ってぶらついてると
ちょっと物陰に出現します。
KIMG5984.jpg

「檜舞台」とはここからきてるんでしょうね
なんともカッコいい舞台という印象を受けました。
以前、勤めていた設計事務所の所長のお父さんが
日本画家で歴史画の第一人者(守屋 多々志さん)
能舞台の松の木の絵も描いてた作家で
有名だったことを思い出しました。

しかし、舞台のすぐ前にクスノキが!!
これは鑑賞するのに邪魔なのでは?
と思って聞いてみたら、移築してきたので
木を残しながら場所を検討して
この位置になったようです。
KIMG5993.jpg


KIMG5988.jpg
ヒノキ(?でしょうね。もうよくわかりませんが)の床が美しい。
(掃除してないけどと神社の方が言ってましたが。)

能舞台の外塀側から撮影
KIMG5995.jpg
やっぱり神社の建物のフォルムは美しい。
水平ラインと緑と朱は人間にとって
ごく自然になじむ感覚に等しいんやろね。



Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ



KIMG5951.jpg
2年も通勤してて
知っていながらそう注目できてなかった
非常に気になる駅のホームのクスノキ
なんでこんなことになってるのかというと

線路をそこに通したいけど、
元来、足の神様服部天神宮の境内地の
ご神木であり、親しまれていたので
残す形で明治43年に駅を造り
今日まで大事にされてきたようです。

京阪電車の萱島駅にもやはりクスノキが
屋根を貫いていますが
こちらのほうは昭和55年なので

歴史は服部天神のほうが長いようです。
どちらも物凄く珍しいのには違いなく
これから先も大事にされていくのではないでしょうか
樹齢は700年ほどのようです。

KIMG5955.jpg

KIMG5958.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

気になる塀12

久々に気になる塀ですが
これは単なるよく見かける
ブロック塀なのですが
凹凸を付けて積んであるので
随分表情豊かになってました。
KIMG5859.jpg

KIMG5861.jpg

1月末ごろでしたが桜?が咲いてました。
KIMG5290.jpg

星岡茶寮(北大路魯山人主宰)跡に唯一残った塀
KIMG5315.jpg

塀に動物の毛のように植物が分厚く這ってました。

KIMG5353.jpg

板とランダム石張り
KIMG5355.jpg

KIMG5648.jpg


珍しく頬杖の木がリズミカルに連なってました。
KIMG5622.jpg

石積み?のような石張りの基壇に塗り壁と瓦
KIMG5596.jpg

左官ドイツ壁?
KIMG5553.jpg

道路にはみ出しすぎやろ松の木!
思わずリンボーダンス?!
KIMG5400.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

気になる佇まい23

櫨谷(市街化調整区域)に古民家改修工事でできた
うどん屋さんに行ってきました。
この地域の古民家には前から
すごく興味があったのですが
ようやくこういう店がオープンしました。

2016年の神戸市の
規制緩和により条件付きで
オフィス等もつくれるようになったようで
その1番目の店となったようです。

中に入ると年季の入った建具や梁、柱等が
あり、なかなか趣のある空間でした。
KIMG5784.jpg

KIMG5781.jpg

KIMG5780.jpg

KIMG5776.jpg

最後はおまけで気になる大根と人参のカップル!?
KIMG5787.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

気になる佇まい22

今日もまた天気はいいけど
風は冷たく
気温は低く、
手と耳は冷たいけど
自転車で
ぶらついてみました。

また黄色系の外壁でいいのを見つけました。
黒、白、アイボリー、グレー、木の色以外で
使うとしたらこれがええかなと思います。
KIMG5767-1.jpg


3階建てか2階の天井が高いのかよくわかりません。
KIMG5765.jpg


玄関まわりが
いい感じなのがありました。
KIMG5772.jpg


この家はコンクリート打ち放し
にツタがからまりすぎの店舗併用?住宅かな
KIMG5753.jpg
夏は葉っぱがあったかな?
思い出せません。

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

気になる佇まい21

今日の気になる佇まいはこの家。
KIMG5726.jpg

玄関周りがシャープですね。
庇も薄すぎて構造上大丈夫?
といいたくなるような出幅ですが
何か工夫がされてるのでしょう。

また、ポーチのコンクリートも
シンプルですね
1段でスッキリ。
郵便投函口
インターホン
全てが絶妙のバランスと配色
に、玄関ドア。これできまりましたね。

まあ外観からははっきりわかりませんが
平屋+ロフト+吹き抜け、
なのかもしれませんね。
2階の範囲が狭そうなので。

カーポートは残念で
アルミの既製品。
シンプルな片流れのものですが
これも一工夫あれば。
最高にいい感じ。

植栽もさりげないしね。

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

魚眼接眼レンズは100円でスマホカメラリモコンは
なんと300円、100円ショップでは珍しいイレギュラー
リモコンはやめて、レンズのみ買いました。
まあ、ぼちぼち試しますが

接眼で撮ったのがこれ
3センチくらいでピントが合います
確かにこれを付けない場合
この距離ではピントが合いません。
20180205_000820493.jpg

魚眼接写レンズ100円
KIMG5696.jpg
スマホカメラリモコン300円
KIMG5694.jpg

またまた緩やかな時間が流れるアトムの本屋
1時半まで休憩みたい
シェスタのようです。
KIMG5689.jpg

しかし隣が休みやからって
広げすぎやろ?!
KIMG5690.jpg




おまけの住宅と青空
KIMG5685.jpg

Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ

大地の恵みをいただきます

KIMG5671.jpg

畑で取れたての
野菜を洗って保存しておきます。
八百屋やスーパーでは
売ってない形したのも
多々ありますが
どれもおいしいで。

大根おろしで
どんぶり一杯にして
匙ですくって
バクバク食べると
物凄くうまいで。

こないだ食べた
丸い大根は
すりおろしたては
物凄くからかったのに
「から~」っと言いながら
何度か食べてると

空気にさらされて
そうなるのか
よくわかりませんが
少しづつ甘味がましていきます。
これがまた最高にうまい。


大根おろしは
薬味でなく
そのまま
何もかけずに食べるのも
すごくいいと思います。


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ





気になる佇まい20

KIMG5627.jpg

何度か通ってた道に
ふと気づくと
気になる家がありました。
自転車だと
見過ごすことがあるもんですね。

やはり人間の限界を
超えてると思います。
せいぜい歩くスピードですね。
これだと交通事故はないでしょうね。
ほぼ。

自転車だと20キロくらいは
出てしまうし、
原付でも30キロが制限速度
やったとおもうけど

それでも軽く人間の判断スピードを
超えていて
1っ歩間違えれば
重大な事態に陥る可能性大ですね。

気を付けましょう。
KIMG5626.jpg

KIMG5628.jpg

KIMG5609.jpg


KIMG5584.jpg

KIMG5579.jpg

KIMG5573.jpg


Sponsered Link


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1630294416470339"
data-ad-slot="2124643655">




フラミンゴ




気になる凛とした佇まい19

巷あふれる住宅とは
一線を画する
気品ある住宅
イメージは蔵

特徴ある門扉と手作り感あふれる
ステンドグラスの玄関引き違い戸
KIMG5558-1.jpg

小屋裏換気口の木格子と木製雨戸と戸袋
KIMG5557.jpg

現代では珍しい建具屋さんが作ったと思われる木製窓と薄い窓庇
KIMG5554.jpg

2階のコーナーの大きな出窓
KIMG5550.jpg

白壁が全く汚れてませんね。
初めて見た時から
1年半経ちましたが
美しいままです。

満月にタモリが!?

今日は皆既月食がみられるそうで。
ちょっと赤めの満月をみてみると
サングラスをかけたタモリが
いるようにみえました。

さあこれから月食ショーを
楽しみに
DSCN5040.jpg

めっちゃ寒い中なんとかうっすらと撮ってみたけど
どうも最後がどこなのかよくわからん
カメラと三脚の性能上限界でした。

20:54かけ始めましたね
DSCN5053.jpg

20:58
DSCN5058.jpg

21:00
DSCN5061.jpg

21:02
DSCN5065.jpg

21:44
DSCN5069.jpg

21:44うっすらと満月の輪郭がみえてるけど端っこだけ光ってました。
DSCN5070.jpg

21:48
DSCN5078.jpg

21:49
DSCN5080.jpg

21:49
DSCN5081.jpg

21:53もう光ってる部分がほぼない状態になりました。
DSCN5084.jpg
次回は7月28日だそうで。
結構、近場で次回がくるね。
あんまり希少性が…
まあええか。


KIMG5411.jpg

KIMG5420.jpg

KIMG5414.jpg

KIMG5427.jpg

凄いもん見つけたと思って外から看板を見ながら写真を撮ってたら
門にどなたかがやってきて
通行人の方かと思い、退こうかなと思うと
門を開けようとしてたので

えっ!中に入るの?
この人!?と思い
ちょっとみると

中入ってみますか?
と、声をかけてくれて、

えーっ?入っていいんですか?
と聞くとどうぞと、すぐにいれてくれました。

日頃はとじたままやけど
たまたま小学生児童が見学にくるので
開けに来ましたとのこと。

どうやら市のこの小学校を
管理してる人のようで
偶然ラッキーなことに
中を見れたのでした。

1900年に開校し1973年まで実際に
使ってたそうです。

そういえば
自分の通ってた小学校も
2年生の時に(1969年)
木造校舎取り壊しになったのを
思い出しました。

しかし、何が強烈に思い出したかというと
その匂いでした。
あの床の油の匂いなんかなー?
鮮明によみがえってきて
何十年たっても

匂いが残ってるやなんて
なんとも不思議やけど。
確かにこの匂いがしてた。と
記憶がよみがえったのでした。

どんなに文明が発達しても
匂いは電波で伝えることは
未来でも無理なのでは。
味覚、嗅覚、触覚は

現場でないと味わえない
体験なのだとまざまざと
思いました。

いつまでもこのアナログな
感覚は人間の能力として
維持したいものです。
聴覚と視覚は電波で運べても

匂いは無理やろね=
10年後に匂いまで
パソコンからしてきたらびっくりやね。

ここはそれが残されてたんですね。
かなり良い保存状態ですが
神戸震災で傷んだので
ところどころ壁の補修などしてありました。

KIMG5435.jpg

20センチほど上がった教壇から
先生気分でみてみると
広さは現代と変わらんね。
7m×8mくらい。
KIMG5437.jpg

KIMG5442.jpg

KIMG5445.jpg

KIMG5462.jpg

KIMG5467.jpg

KIMG5484.jpg

KIMG5498.jpg

面白いものがいろいろ出てくる岡町商店街

KIMG5340.jpg
いろんなものがでてくる岡町商店街
この鉄腕アトムの本屋も
気になってたんですが
やはり毎日出し入れしてるようで
今日も道路にあふれ出さしてました。
KIMG5295.jpg

許されてるようです。(謎?)

2階の手塚治虫資料館をみたいというと
まだ階段がふさがってて
上がれないので2時ころに来てとのこと。
なんとも緩い時間が流れてて
いい感じ。

裏は原田神社でまわってみると
2階の様子が見えました。

2階の様子
KIMG5350.jpg
窓越しに段ボール山積みで
いっぱいなのがわかりました。
おそらく中の様子は足の踏み場もないほど
くちゃくちゃになってるのでは。

歩くとやはり人間のスピードで気づくことが多くて
ふとみると隣の店もなにやら面白そうで
覗いてみると直径1mくらいの大木けやきが
店の真ん中にあるではないか!?

KIMG5342.jpg

ガラスでよくわからんけど中に大木がみえます。
KIMG5343.jpg

下のニュースで中の様子がわかります。
ここをクリック→漢方のけやき堂薬局
のことが出てる街のニュースです。

さすがに屋根を突き抜けてはいませんでした。 残念!

岡町商店街でした。
KIMG5366.jpg


寒い日が続きますが
今日もぶらついてきました。
岡町の商店街。
レトロな本屋。

今日は休みではなく
12時から店を開店したようで
店主が店の奥から
いろんな古本以外の
古いもの(売り物にみえない?)
を表の道路に並べ始めてました。

やはり毎日道路にはみ出しては
片づけ、と繰り返しているようです。
30分以上かかってるのではないでしょうか。

KIMG5297.jpg

KIMG5296.jpg

KIMG5295.jpg

この店の2階にどうやら手塚治虫資料館なるものが
あるようなのですが奥から延々と商品を
出してきてる作業中で
店の中が狭いので身動きとりづらく
今日はやめときました。

でも確かに店の中に
「2階が手塚治虫資料館」
という小さな手書きの貼り紙があったので
確かにここでしょう。

しかし、店の中は本が山積みで
はっきり言って商品にみえない
古本のゴミ山っぽい。(失礼ながら)
これぞ昭和のTHE 古本屋

ブックオフってよっぽどきれいやね。

また、この隣町
曽根に行ってみると
ここは西の芦屋
東の曽根といわれてたほどの
高級住宅街だったそうで
 
あの北大路魯山人の
星岡茶寮があったそうで。

その時の敷地の塀だけが
今も残ってるとやらで
これがそうらしいのですが
なんだか高すぎて
刑務所みたいやね。

年季は入ってるね。
5~60年たってそうな
コンクリート

KIMG5305.jpg
KIMG5309.jpg
KIMG5303.jpg

かなり特色ある気になる佇まい18

コンクリート打ち放しと
黒褐色の板と
枯れ枝蔓の
住宅

駐車スペースは枕木
KIMG5098.jpg

KIMG5100.jpg

これはかなり異色の住宅ですね。
芸術家でも住んでそうな雰囲気です。

芸術家といえば
ここからそう遠くない
豊中市岡町には
昨日のブログの山田洋次
生家もあるのですが

もう一人昭和の大天才漫画家
手塚治虫も生誕の地だそうで
その私設資料館なるものが
商店街にあるそうです。

前から気になってた鉄腕アトム
の人形を店頭からはみ出して
道路に置いてた本屋(本屋に見えない)の
2階だそうです。

行ってみたら昼休みで閉まってました。

今時そんな店あるか?!
笑てまいました。

そういえば道路にはみ出してるものは
毎日片づけてんのかね。
7時に締まるそうなので
それ以降によってみよ。

2階にはファンにはかなりのお宝が
あるそうです。

KIMG5251.jpg

KIMG5254-1.jpg

yamadanoto1-thumbnail2.jpg

この写真をみて岡町あたりをぶらつけば
わかるかなあと期待してたら
あっさりと見つかりました。

赤瓦がかなり薄く感じますが
まさにこの家。

山田洋次監督の「男はつらいよ」は好きで
ビデオはよく見てたのですが
初めて映画館で見た時が寅さんの遺作となり
最終話となりました。

それ以外にも
「幸福の黄色いハンカチ」等も好きで
山田洋次監督には興味あったので
どんなものかと尋ねてみました。

私の父と同じ年1931年生まれだそうで
その時の家が87年たった今もまだあるとは
しかもどなたか住んでいらっしゃる。
その当時では相当ハイカラな住宅だったんでしょうね
この佇まいは。

お父さんの設計でジャズなんかが流れてたそうです。


気になる佇まい17

オブジェ第2号

KIMG3851.jpg
KIMG3856.jpg

これは折り紙で作ったオブジェを
ポンと置いたかのような住宅

コンクリートで重たい素材やけど
軽やかにみえるね。
KIMG3854.jpg
色や形が飛翔感があり
住まいにみえにくい。

が、ちゃんと物干しバルコニーも庭もあるので
充分オープンな家でした。

庭の大きさの割には
緑が無いに等しくちょっと寂しいけど
どんな理由でしょうかね。
それで余計に
オブジェっぽくなりますね。

これは赤い車が
前から突っ込んでるところが
気になったんですね。
あまりしませんよね。

左ハンドルで
向かって左へ
降りたかったんかね。

KIMG3861-1.jpg

KIMG3862.jpg
まあ家も赤い車と板張りの茶、白壁が
よく似合ってますね

妻側の屋根の出幅が薄いわりに
1m以上出てるところが
非常に気になるね。
構造上大丈夫なんかと。

なにかしら中で
補強してるのか
右へ行くほど出幅が小さなっていてんのかな?
ちょっとバルコニーの木格子でわかりにくいけど
それで構造上大丈夫なんかもしれません。